英語教育について

最新記事
たった3ヶ月で英語がペラペラに!

たった3ヶ月で英語がペラペラに!

時々、「どのように英語をマスターしたのか?」あるいは「スペイン語をマスターしたのか?」と聞かれることがある。

そういうときは、たいてい「1日4、5時間勉強して、だいたい1年で文法やセンテンスは問題なく言えるようになるから、あと1年かけてなるべく流暢に話せるように1日最低でも2、3時間は勉強するといいよ」という夢も希望もないことを言って彼らを幻滅させてしまう。

スペイン語学習の苦闘の歴史

最新記事
正しい地球の歩き方

正しい地球の歩き方

これから夏休みに向けて、多くの人が海外旅行の計画を立てていると思う。
そんな人のためにいくつか役に立つような「旅のヒント」をここに書き記したいと思う。

1. ググレカス

海外ではこれは鉄則だ。
これは他者に向けたものではない、自分自身に向けたものだ。

Photo Diary

最新記事

正しい歳の取り方とは?:東京タラレバ娘

昨日、高校の同級生たちと会った。
お互い20年くらい音信普通だったが、フェースブックで繋がって、メキシコに住んでいるときに彼らの一人を案内したのが縁でなんとなくまだ繋がっている。

My English BLOG

Recent

Stephen Krashen’s Theory of Second Language Acquisition

How Krashen would define ‘a quality lesson’ Language schools and online-English schools often emphasize that they provide ‘a quality lesson’….

ブエノスアイレス滞在記

最新記事
20時間で習得するスキルのすすめとタンゴについて

20時間で習得するスキルのすすめとタンゴについて

誰も知らないかもしれないが、毎年8月にはアルゼンチンの首都ブエノスアイレスでタンゴ世界選手権という世界大会が開催される。

2011年から2年ほど住んだ街だが、その頃は「へえー、タンゴに世界選手権なんてものがあるのか」と思っていた次第だが、今年は実際に現地に行ってみて、予選から準決勝、それに決勝とすべて見た。

アメリカ人作家マルコム・グラッドウェルが「天才! 成功する人々の法則」で、第一線のプロとして活躍するには1万時間の練習時間が必要であると提唱した。

Recent Tweets

ドゥテルテという劇薬 副作用は #BLOGOS blogos.com/outline/191608/

Yesterday from Yu-ki Matsuoka's Twitter via Twitter Web Client

Our social networks

Mail

Calender

September 2016
M T W T F S S
« Aug    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Categories: カテゴリー